カロリナ酵素プラスの安全性は保障済み!

カロリナ酵素プラスの安全性は保障済み!

 

カロリナ酵素プラスは広告にあまりお金をかけないということで安全性も犠牲にしてるんじゃないかという不安を持つ人が意外といます。
でも安全性への取り組みは公式サイトにしっかり書いてあるんです。

 

今回はその安全性について紹介していきます。

 

徹底した品質管理

カロリナ酵素プラスは安全性ということでその生産体制にかなり気を使っています。
その証明になるのが色々な証明。

 

 

生産に関してはこの3つが安全の保障になります。
まずは1番左のGMP基準認定。

 

商品の品質を保証

GMPは簡単に言うと第三者の品質保証です。
実際に購入する人がその薬やサプリの製造元、工場、成分の正しさ、これらを調査するのは不可能です。

 

じゃあ調べる機関を作ろう!となって発足しました。
ということでこれの保証があるということは、品質に問題ない、と判断されたということですね。

 

変な成分や劣悪な環境の工場で作られたということではないということを表しています。
気になってた人は安心してくださいね。

 

衛生的なつくり方

真ん中のHACCPというのは安全な製造方法ということ。
上のGMP社外から調査する一方で会社内でも対策をしています。

 

詳しく書くと長くなるんですが、

 

製造過程で発生する恐れのある危険

 

これをなくすように逐一改善のための話し合いをする、という生産方法です。
要するに危険がないようにいろんなところを調査して細かく改善していくということです。
これは国際的に認められてる生産方法でカロリナ酵素プラスも生産の時に利用しています。

 

自然物だけ使ってる

有機JAS認定はその成分に化学物質が含まれていないか、農薬などを使って育ててる成分がないか、その認定です。
カロリナ酵素プラスは認定されてるので農薬などを使っていないということですね。

 

有機野菜なんて言葉もありますがその有機になります。
農薬などを使ってないので安全、ということです。

 

 

放射能も調査!

最近で原発の影響で放射能の危険がよく叫ばれています。
サプリにもそのもとになった植物に放射能が付いてないとも限りません。

 

そんなことはないという証明になるのが検査済みの証明書。

 

 

放射能の成分は検出せずとなっています。
ガイガーカウンターでいちいちチェックしなくても大丈夫です。

 

まとめ

 

第3社に検査、自社で衛生的な生産方法を実施している
成分の元になる野菜には農薬、放射能の影響はない

 

これがカロリナ酵素プラスの安全性の保障です。
ここまでやってるサプリって意外とないんですよ。

 

お金も手間もかかりますからね。
それでもずっと実施し続けてるのは我々のことを思ってのことなんでしょう。